メイン コンテンツをスキップする

アーティファクトの実行をスケジューリングする前に

自動アーティファクト実行およびデプロイメントのスケジューリングを開始する前に、前提条件をいくつか確認する必要があります。
  • 継続的インテグレーションサーバー/サービスが適切に設定されていること(ここではJenkinsまたはAzure DevOps)。詳細は、JenkinsのWebサイト (英語のみ)Azure DevOpsのWebサイト (英語のみ)をご覧ください。
  • 自動的に実行したいプロジェクト内にテストケースが作成済みであること。詳細は、テストをデザインをご覧ください。

    情報メモ注: プロジェクトをビルドしてデプロイメントする時はテストケースがJUnitファイルとして生成され、Mavenの[packaging] (パッケージング)フェーズの前にビルドされます。
  • ジョブの実行に必要なNexusに保存されている外部ライブラリーがこのプロジェクトに適切にインストールされており、Nexusインスタンスが開始されていること。

    Talend Administration Centerを使用する場合は、Nexusから外部モジュールを取得するように設定済みであること。詳細は、Talend Administration Center User Guideをご覧ください。

  • DockerイメージをDockerレジストリーにプッシュできるよう、Docker環境をインストールし、設定済みであること。詳細は、DockerのWebサイト (英語のみ)をご覧ください。DockerコンテナーレジストリーはAzure内にインストールできます。
  • Jenkinsを使用する場合は、Apache Maven 3以上のバージョンがサーバーにインストールされていることの確認も必要です。詳細は、Apache MavenのWebサイト (英語のみ)をご覧ください。

  • 継続的インテグレーションのビルドを使ってアーティファクトを公開する時、Talend Management ConsoleにGitの情報(作者、コミットID、コミット日時)を表示させるためには、この階層ストラクチャーでGitプロジェクトのリポジトリーを設定し、全プロジェクトをci-workspaceフォルダーに(移動ではなく)コピーする必要があります。
    ci-workspace
        |- .repositories
             |- <any_unique_name>
                  |- .git
                  |- MAINPROJ1
             |- <any_unique_name>
                  |- .git
                  |- REFPROJ1
             |- <any_unique_name>
                  |- .git
                  |- REFPROJ2
                  |- REFPROJ3
        |- MAINPROJ1
        |- REFPROJ1
        |- REFPROJ2
        |- REFPROJ3
  • Talend Data Mapper X12 HIPAAパッケージやHL7v2パッケージを必要とするアーティファクトをビルドするためにCIを使用している場合は、次の操作が必要です。
    • Talend_Full_Studio_p2_repository--YYYYYYYY_YYYY-VA.B.C.zipアーカイブを<folder>/org.talend.transform.standard.p2.repository-A.B.Cに抽出します。
    • ジョブをビルドする前に、次のコマンドを使ってTalend CommandLineにこれらのパッケージをインストールします。
      Talend-Studio-win-x86_64.exe -nosplash -consoleLog -application org.eclipse.equinox.p2.director 
      -repository file:///<folder>/org.talend.transform.standard.p2.repository-A.B.C 
      -installIU org.talend.transform.standard.x12.hipaa.5010.feature.feature.group
情報メモ警告: 次の前提条件は、P2アップデートサイトアーカイブ(Talendから提供)を有するユーザーのみが対象です。

バージョン7.2以降では、ビルド中にTalend CommandLineTalendアップデートサイトから自動的にダウンロードおよびインストールされ、プロジェクトアーティファクトを生成して実行します。詳細は、Talend CIゼロインストールワークフローをご覧ください。

ビルド時にTalend CommandLineが自動的にダウンロードされるようにするためには、Talendから提供されるアーカイブをローカルのHTTPサーバーでホストする必要があります。たとえば次の操作が可能です。
  • TomcatのwebappフォルダーにTalend_Full_Studio_p2_repository--YYYYYYYY_YYYY-VA.B.C.zipアーカイブを抽出し、名前をP2に変更する。
  • Tomcatを起動する。
  • ビルド時に-Dupdatesite.pathパラメーターを定義する際、http://localhost:8080/P2/をポイントする。WebブラウザーのIPが自分のマシンのIPと異なる場合は、<localhost>をWebサーバーのIPアドレスまたはホスト名で置き換えます。<8080>も、使用するTomcatポートのWebアプリケーションパスで置き換えます。

Talendは、1台のマシンでTalend CommandLineを同時に2つ以上実行することはお勧めしません。これを防ぐ最も簡単な方法は、サーバーでのエグゼキューターの数を1つに制限することです。

まとめると、必要なアプリケーションは次のようになります: 継続的インテグレーションサーバーまたはサービス(ここではAzureまたはJenkins)、Git、アーティファクトリポジトリー、P2アップデートサイトをホストするサーバー(Talend CommandLine、および自分のアーティファクトのビルドに必要なその他のプラグインを保存)。アーティファクトをどこにデプロイするかによって、アーティファクトリポジトリー(Azure、Jenkins)、Docker、Talend Cloudにアクセスする必要があります。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。