メイン コンテンツをスキップする

Talend Data Integrationのファンクションアーキテクチャー

Talend Data Integrationファンクションアーキテクチャーは、Talend Data Integration機能、相互作用、および対応するITニーズを特定するアーキテクチャーモデルです。アーキテクチャー全体は、特定の機能を機能ブロックに分離することで説明されています。

下の図は、主なアーキテクチャー機能ブロックを示しています。

機能ブロックのタイプは以下のとおりです。

  • [Clients] (クライアント)のブロックには、同一または異なるマシンに存在しうる1つ(または複数)のTalend StudioとWebブラウザーが含まれています。

    Studioから、データ量やプロセスの複雑さのレベルとは無関係に、データ統合プロセスを実行できます。Talend Studioでは、ユーザーは権限を持つすべてのプロジェクトで作業できます。

    Webブラウザーから以下に接続します。

    • セキュアなHTTPプロトコルを介してリモートベースのTalend Administration Centerに。
    • Talend Data Preparationの Webアプリケーション。ローカルファイルやその他のソースからデータをインポートし、このデータに新しいプレパレーションを作成することによって、クレンジング化やエンリッチ化を行います。

    • Talend Data StewardshipのWebアプリケーション。キャンペーン所有者とデータスチュワードがキャンペーンとタスクを管理します。

  • サーバーブロックには以下が含まれます。
    • Webベースのアプリケーションサーバー、Talend Administration Center。これにより、すべてのプロジェクトを管理できます:
      • 管理メタデータ(たとえば、ユーザーアカウント、アクセス権、プロジェクト権限)は管理データベースに保管されます。
      • プロジェクト項目のデータたとえば、ジョブ、ビジネスモデル、ルーチン)はSVNまたはGitサーバーに保管されます。
    • Talend Webアプリケーション(つまりTalend Data PreparationとTalend Data Stewardship)によって使用されるサーバー、およびこれらのアプリケーションの間でシングルサインオンを有効にするために使われるIdentity Access Managementサーバー。

  • [Repositories] (リポジトリー)ブロックには、SVNまたはGitサーバーとNexusリポジトリーが含まれます。

    SVNまたはGitサーバーは、さまざまなエンドユーザーの間で共有されるジョブやビジネスモデルなどのあらゆるプロジェクト項目を一元管理するために使用されます。また、プロジェクト項目を開発し、Talend Administration Centerから公開、デプロイ、監視するためには、Talend Studioからアクセスできます。

    Nexusリポジトリーは、以下を保管するために使用されます:
    • ダウンロード可能なソフトウェアアップデート。
    • Talend Studioから公開され、いつでもでデプロイおよび実行できるジョブ。
  • Talend Execution Servers (実行サーバー)ブロックには、情報システム内にデプロイされた実行サーバーが1つ(または複数)含まれています。Talendジョブは、スケジュールされた時間、日付、またはイベントで実行されるAdministration Centerのジョブコンダクターを通じて、ジョブサーバーにデプロイされます。
  • [Databases] (データベース)ブロックには、管理、監査、監視データベースが含まれます。

    管理データベースは、ユーザーアカウント、アクセス権、プロジェクト権限、その他の管理に使用します。

    監査データベースは、プロセス指向の意思決定をサポートするために、確かな定量要因と定性要因を提供することを目的としています。このツールでは、Talend Studioで開発されたプロジェクトのジョブが実行された場合に、ジョブのさまざまな点を評価できます。

    サービス呼び出しの監視にはモニタリングデータベースが使用されます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。