メイン コンテンツをスキップする

次のステップ

サービスをビルドし、すべてのリクエストをリッスンするジョブを使用してサービスを実装し、ジョブを使用してサービスを消費するのに、Talend Studioがどう役立つかを見てきました。サービスをTalendアーティファクトリポジトリーに公開し、サービスをTalend ESBコンテナーにデプロイする方法を学びました。その際に、使用頻度の高い接続を[Repository] (リポジトリー)内で一元管理してそれらの接続をジョブ内で再利用しやすいようにする方法を学びました。

Talend Studioの詳細は、以下を参照してください。

詳細は、Talend Administration Center User Guideをご覧ください。

データがクリーンであることを確認するには、Talend Data Preparationが使用できます。

Talend製品とソリューションの詳細は、www.talend.comをご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。