メイン コンテンツをスキップする

次のステップ

定義済みの設定された目標に従ってデータの品質レベルを評価する際に、Talend Studioがどのようにしてデータのプロファイリング、および統計と統計に関する情報の収集に役立つかを学びました。

以下のことを見てきました:

  • StudioのProfilingパースペクティブを使い、標準のインジケーターとパターンを使用して顧客のメールアドレスと電話番号を分析する方法。

  • 分析結果が一致する/しないアドレスレコードをどのように示しており、そのデータをどうすれば閲覧できるか。

  • Talend分析結果に基づいてジョブを生成し、一致しないデータを再取得する方法。

  • Talendジョブを使って電話番号を標準化する方法。

データの異常を識別に説明されているシンプルな手順の実行に成功した後は、より深く掘り下げ、Talend Studioのすべてのプロファイリング機能とクレンジング機能を詳細に把握できるようになります。

Talend MDMソリューションを使用して映画データを処理するために、データガバナンスおよびData Stewardshipのタスクを実行する方法を学ぶことができるようになりました。詳細は、Talend MDMで映画データを管理をご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。