メイン コンテンツをスキップする

Hiveメタデータを一元管理

Hiveのデータベーステーブルを頻繁に使う場合は、Hiveデータベースへの接続情報とテーブルスキーマの詳細を[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)フォルダーに一元化できます。

[DB connection] (データベース接続)モードでも同じことができますが、[Hadoop cluster] (Hadoopクラスター)ノードを使うことで特定のHadoopディストリビューションへの一元化された接続のプロパティを効果的に使うことができます。

前提条件:
  • 使用するHadoopディストリビューションを起動し、ディストリビューションとHiveデータベースへの適切なアクセス権があるかどうかを確認します。

  • [Hadoop cluster] (Hadoopクラスター)ノードからHadoopディストリビューションへの接続を作成します。詳細は、Hadoop接続を一元管理をご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。