メイン コンテンツをスキップする

Neo4jメタデータを一元管理

Neo4jデータベースのデータを頻繁に処理する場合、Neo4jデータベースへの接続とスキーマの詳細を[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)フォルダーで一元管理できます。

Neo4jリモートサーバーのみサポートされています。

V3.2.Xを使用している場合は、tNeo4jInputとtNeo4jRowのみ接続を再利用できます

2.X.Xバージョンと3.X.Xバージョンを同じジョブで使用しないでください。使用するとクラス競合の問題が発生します。

Neo4jメタデータのセットアップ手順は、以下の密接に関連しているものの別個の2種類のタスクで構成されます。

  1. Neo4jデータベースへの接続の作成。

  2. 目的のNeo4jスキーマを取得。

前提条件:

  • ライセンスの制限によりTalend Studioに存在しない必要なすべての外部モジュールがインストールされていること。詳細は、Talendインストール&アップグレードガイドをご覧ください。

  • Neo4jのデータの読み込みに使用するCypherクエリーに精通していること。

  • Neo4jサーバーが稼動していること。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。