メイン コンテンツをスキップする

SQLビジネスルールによるテーブル分析の作成

WHERE句に基づいてSQLビジネスルールをセットアップし、それらをインジケーターとしてテーブル分析に追加できます。また、SQLビジネスルールのインジケーターの値に、期待されるしきい値を定義することもできます。定義された範囲は、選択されたテーブルにあるデータのクオリティを測定するために使用されます。

また、データベースのビューにSQLビジネスルールを作成することもできます。手順はテーブルの場合とまったく同じです。

詳細は、結合条件を持つSQLビジネスルールでテーブル分析を作成をご覧ください。

情報メモ注: Javaエンジンを使って大規模なデータセットや多くの問題を含むデータに対してカラム分析を実行する場合、Talend Studio [Preferences] (環境設定)で最大メモリサイズのしきい値を設定し、分析を実行することを推奨します。実行しない場合、Javaヒープエラーが発生することがあります。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。