メイン コンテンツをスキップする

カラムの重複値を特定

Studioを使ってデータベーステーブルのカラムを分析し、個別値、一意値、重複値の数に関するシンプル統計を作成すれば、指定したカラムにある一意レコードと重複レコードを特定して区別する既製ジョブを後で生成できます。

このようなジョブの生成の詳細は、分析済みカラムの重複値を特定するジョブを生成をご覧ください。

シンプル統計グループでの異なるタイプのインジケーターの詳細は、シンプル統計をご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。