メイン コンテンツをスキップする

データクオリティのデモプロジェクトをインポート

Talend Studioの機能をおわかりいただけるよう、Talendではさまざまなデモプロジェクトを提供しています。

データクオリティのデモプロジェクトをインポートする場合:

  • デモジョブと分析の実行に必要な入力ファイルとデータベースが、IntegrationパースペクティブのDocumentationフォルダーの下にインポートされます。
  • Profilingパースペクティブの[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューにプロファイリング分析がインポートされます。これらの分析は、データクオリティチュートリアルの説明のとおり、最初にインストールしたデータベースとファイルで実行されます。
  • Integrationパースペクティブの[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューにデータクオリティジョブがインポートされます。これらのジョブでは、たとえばデータの標準化、重複除去、一致などのためにさまざまなData Qualityコンポーネントを使用します。

    これらのジョブのほとんどは、前提条件なしに実行できます。ただし、ジョブによってはtbitutorialscifcrmの各データベースをMysql内に復元し、一部のファイルをローカルにダウンロードする必要があります。データベースとファイルは、 Integration パースペクティブの[Repository] (リポジトリー)ツリービュー内の[Documentation] (ドキュメンテーション)フォルダーに含まれています。

    情報メモ重要: デモジョブの一部はデータクオリティチュートリアルと共通なため、それぞれの名前の前にA、B、Cなどのアルファベットや1、2、3などの数字が付いていることもあります。これらのジョブは指定された順番に実行する必要があります。

デモプロジェクトは、Studioのログインウィンドウから別のプロジェクトとしてインポートするか、 Integration パースペクティブを使用して現在のプロジェクトにインポートできます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。