メイン コンテンツをスキップする

ルートリソースの使用

ルートリソースを作成したら、それをMediationコンポーネントcSOAPおよびcMessagingEndpoint、およびSpring設定で使用できます。

ルート内でルートリソースを管理するには、ルートをダブルクリックしてデザインワークスペース内で開き、[Dependencies] (依存項目)タブをクリックしてマニフェストエディターを表示します。

[Manifest] (マニフェスト)エディター。
  • リソースを追加するには、[Resources] (リソース)エリアで、[Add...] (追加...)をクリックし、ダイアログのツリービューから必要なリソースを選択します。OKをクリックします。
    ルートリソースを選択するダイアログボックス。

    追加したら、[Resources] (リソース)テーブルで[Version] (バージョン)フィールドをクリックし、ドロップダウンリストの異なるリソースから使用する別のバージョンを選択できます。

    [Resources] (リソース)テーブル。
  • ルートからルートリソースを削除するには、リストからそれを選択して、[Remove] (削除)をクリックします。組み込みルートリソースは削除できません。
  • ルートリソースのパスをコピーするには、テーブルでそれを選択して、[Copy Path] (パスのコピー)をクリックすると、ルートでそれを使用できます。

OKをクリックして変更を確定します。

情報メモ注: ルートで使用されるルートリソースは、リポジトリーから削除することはできません。

ルートをエクスポートすると、ルートで呼び出されるルートリソースもルートと一緒にESB Runtime KARファイルにエクスポートされます。ルートをエクスポートする方法の詳細は、ルートをビルド (英語のみ)をご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。