メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

テーブル名やカラム名から分析を作成

このタスクについて

簡単な方法を使って、1つ(または複数)のカラム分析を作成できます。必要な操作は、[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューの該当する[DB Connection] (データベース接続)フォルダーの下にあるテーブル名またはカラム名から始めます。

テーブル名からのオプションはカラム名からのオプションとは異なります。

手順

  1. [DB Connection] (データベース接続)の該当するテーブル名から直接カラム分析を作成するには、次の手順に従います。
    1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Metadata] (メタデータ) > [DB Connections] (データベース接続)と展開します。
    2. 分析するカラムが保存されるテーブルを参照し、右クリックします。
    3. コンテキストメニューから、分析のタイプを選択します。
      • [Semantic-aware Analysis] (セマンティック認識分析): セマンティックリポジトリー内に収集された情報に基づいて、選択されたテーブルを分析します。

        詳細は、セマンティック認識分析を使用する手順をご覧ください。

      • [Match Analysis] (一致分析): 一致分析エディターを開いてマッチングルールを定義し、マッチングルールを使用するカラムを選択できます。

        詳細は、重複値を分析をご覧ください。

      • [Table Analysis] (テーブル分析): SQLビジネスルールを使って、選択したテーブルを分析します。

        シンプル統計インジケーターの詳細は、シンプル統計をご覧ください。

      • [Column Analysis] (カラム分析): シンプル統計インジケーターを使って、選択したテーブルに含まれるすべてのカラムを分析します。

        シンプル統計インジケーターの詳細は、シンプル統計をご覧ください。

      • [Pattern Frequency Analysis] (パターン頻度分析): パターン頻度統計インジケーターを行数インジケーターとNULL値カウントインジケーターと共に使って、選択したテーブルに含まれるすべてのカラムを分析できます。

        詳細は、パターン頻度統計をご覧ください。

    これらの手順は、分析するカラムを定義してインジケーターを設定で説明した手順に代わるものです。カラム分析を確定および実行で説明されている手順に従って続行できます。
  2. [DB Connection] (データベース接続)のカラム名から直接カラム分析を作成するには、次の手順に従います。
    1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Metadata] (メタデータ) > [DB Connections] (データベース接続)と展開します。
    2. 分析するカラムを参照して右クリックします。
    3. コンテキストメニューから、実行するアクションか分析のタイプを選択します。
      • [Analyze] (分析): 選択したカラムの分析を作成します。選択したカラムの分析に使用するインジケーターを後で設定する必要があります。

        インジケーターの設定の詳細は、カラムでのインジケーターを設定をご覧ください。カラム分析の実行についての詳細は、カラム分析を確定および実行をご覧ください。

      • [Nominal Value Analysis] (名義値分析): 名義データに適したインジケーター(つまり[Value Frequency] (値の頻度)[Simple Statistics] (シンプル統計)[Text Statistics] (テキスト統計))で設定済みの名義データでカラム分析を作成します。
      • [Simple Analysis] (シンプル統計): シンプル統計インジケーターを使って、選択したカラムを分析します。

        シンプル統計インジケーターの詳細は、シンプル統計をご覧ください。

      • [Pattern Frequency Analysis] (パターン頻度分析): 行数インジケーターとNULL値カウントインジケーターと共にパターン頻度統計インジケーターを使って、選択したカラムを分析します。

        パターン頻度統計の詳細は、パターン頻度統計をご覧ください。

      • [Analyze Column Set] (カラムセットを分析): カラムセットの内容を分析します。カラム分析と同様、この分析は個々のカラムではなくカラムセット(フルレコード)に焦点を当てます。

        詳細は、単純なテーブル分析の作成(カラムセット分析)をご覧ください。

      • [Analyze Correlation] (コリレーションを分析): データベーステーブルの名義カラムと間隔カラムまたは名義カラムと日付カラムの間のカラムコリレーション分析を実行します。

        詳細は、数値コリレーション分析をご覧ください。

      • [Semantic-aware Analysis] (セマンティック認識分析): セマンティックリポジトリー内に収集された情報に基づいて、選択されたカラムを分析します。

        詳細は、セマンティック認識分析を使用する手順をご覧ください。

      • [Analyze matches] (一致を分析): 一致分析エディターを開いてマッチングルールを定義し、マッチングルールを使用するカラムを選択できます。

        詳細は、重複値を分析をご覧ください。

    これらの手順は、分析するカラムを定義してインジケーターを設定で説明した手順の1つまたは両方に代わるものです。カラム分析を確定および実行で説明されているのと同じ手順に従って続行できます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。