メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

ファイルへの接続

始める前に

区切り付きファイルのデータ分析を行う前に、このファイルへの接続を設定する必要があります。

Profilingパースペクティブを選択済みであること。

手順

  1. [Metadata] (メタデータ)フォルダーを展開します。
  2. [FileDelimited connections] (区切り付きファイル接続)を右クリックし、[Create File Delimited Connection] (区切り付きファイル接続を作成)を選択します。
    FileDelimited connectionsノードのコンテキストメニュー。
    [New Delimited File] (新規の区切り付きファイル)ウィザードが開きます。
  3. ウィザードで説明されるステップに従って、区切り付きファイルへの接続を作成します。

    次に、カラム分析を作成し、[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューの区切り付きファイルのメタデータから、開いている分析エディターに分析するカラムをドロップできます。

    詳細は、ファイルで基本的なカラム分析を作成をご覧ください。

タスクの結果

区切り付きファイルの接続は、ProfilingパースペクティブとIntegrationパースペクティブのいずれからでも作成できます。接続を作成すると、この接続は常に両方のパースペクティブに表示されます。

接続はコンテキストとしてエクスポートし、Talend StudioIntegrationパースペクティブの[Contexts] (コンテキスト)ノードの下で一元管理できます。これにより、現在の接続を使用するデータクオリティ分析でこのコンテキストを再利用できるようになります。同じ接続に異なるコンテキストパラメーターを作成し、後で特定のコンテキストで分析を実行するように選択することもできます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。