メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

Talend Studioでローカル接続を設定

Talend Studioでは、ローカル接続を作成して、ローカルにプロジェクトに取り組むことができます。

手順

  1. Talend Studioを起動します。
  2. Talend Studioログインウィンドウで[Manage Connections] (接続を管理)をクリックし、[Connections] (接続)ウィンドウを開きます。
  3. [Connections](接続設定)ウィンドウで[ + ]ボタンをクリックし、新しい接続を作成します。
  4. [Repository] (リポジトリー)リストから[Local] (ローカル)を選択します。
  5. [Name] (名前)フィールドに接続の名前を入力します。
  6. 必要であれば、[Description] (説明)フィールドに接続の説明を入力します。
  7. [User E-mail] (ユーザーメール)フィールドに自分のユーザーアカウントを入力します。
  8. [Workspace] (ワークスペース)フィールドに、自分のローカルワークスペースのディレクトリーを指定します。
    情報メモ警告: ワークスペースディレクトリーのパスにスペースまたは特殊文字が含まれていないことを確認してください。JVMの互換性の問題でTalend Studioが動作しなくなる可能性があります。
  9. Talend Studioの前のバージョンからエクスポートされたプロジェクトやプロジェクト項目をインポートするためには、[Set migration token] (移行トークンを設定)をクリックし、ポップアップダイアログボックスに移行トークンを入力します。
    移行トークンがまだ存在しない場合は、Talendサポートに連絡してリクエストしてください。
  10. 必要であれば、[Connections] (接続)をクリックし、開いた[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスでネットワーク接続、タイムアウト設定、Talend Studioのアップデート設定を行います。
    アップデート設定の詳細は、アップデートリポジトリーを設定をご覧ください。
  11. OKをクリックします。
    以上で、Talend Studioログインウィンドウの[On connection] (接続時)ドロップダウンリストから新しく作成された接続を選択し、必要に応じて既存のプロジェクトを選択したり、新しいプロジェクトを作成したり、またはデモプロジェクトや既存のプロジェクトをインポートしたりできるようになります。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。