その他のアドレスフィールドの定義 - 7.2

Address standardization

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント

手順

  1. 必要な場合は[Use Additional Output] (追加の出力を使用)チェックボックスをオンにして、プロバイダーのリポジトリーからその他のアドレス情報を取得します。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)ボタンをクリックしてスキーマダイアログボックスを開き、その他のアドレス情報を格納するカラムを出力スキーマに追加します。この例のall_infoカラムとGeo_infoカラムを追加します。
  3. [Output Mapping] (出力のマッピング)テーブルで以下の操作を実行します。
    • [+]ボタンを使って、行をテーブルに追加します。

    • Address Field] (アドレスフィールド)カラムをクリックし、出力スキーマに追加したいその他のアドレスフィールドを定義済みリストから選択します。

    • [Output Column] (出力カラム)カラムをクリックし、その他のアドレス情報を格納するカラムをtAddressRowCloud出力から選択します。

    Loqateリポジトリーのアドレスフィールドの値が、テーブルで設定した出力カラムにマッピングされます。
  4. 必要に応じて、[Advanced settings] (詳細設定)ビューでパラメーターを設定します。
    デフォルトのパラメーターはこの例では変更しません。