一時入力ファイルを生成する - 7.2

Chart

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Chart
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Chart
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Chart

手順

  1. tFileOutputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [File Name] (ファイル名)フィールドで、マッピングされたデータフローの送信先となる一時CSVファイルを定義します。このユースケースでは、このファイルにTemp.csvという名前を付けます。このファイルは、tLineChartコンポーネントへの入力として使われます。
  3. [Append] (追加)チェックボックスをオンにします。
  4. 上記の手順を繰り返して、他の2つの tFileOutputDelimitedコンポーネントのプロパティを定義します。最初のtFileOutputDelimitedコンポーネントとまったく同じ設定を使います。
    注:

    tMapコンポーネントからの出力フローの順序は、必ずしもターゲットファイルにデータを書き込む実際の順序ではありません。ターゲットファイルが正しく生成されるように、ジョブの実行前に同じ名前のファイルが存在している場合は、そのファイルを削除する必要があります。また、このステップで、すべてのtFileOutputDelimitedコンポーネントの[Append] (追加)チェックボックスをオンにする必要があります。