tContextLoad標準プロパティ - 7.2

Context

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > Context components
データガバナンス > サードパーティーシステム > Context components
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > Context components

このプロパティは[Standard] (標準)のジョブフレームワークで実行されているtContextLoadを設定するために使用します。

[Standard] (標準)tContextLoadコンポーネントは、その他ファミリーに含まれています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドを定義するものです。

tContextLoadでは、スキーマは、パラメーター名と読み込むパラメーター値を含む2つのカラムで設定されている必要があります。

変数がロードされていても、コンテキストにない場合

変数ロードされていてもコンテキストに表示されない場合は、通知を表示する方法を選択します。[Error] (エラー)[warning] (警告)または[info] (情報)の形式になります。

変数がコンテキストにあっても、ロードされていない場合

変数がコンテキストに表示されていてもロードされていない場合は、通知を表示する方法を選択する必要があります。[Error] (エラー)[warning] (警告)または[info] (情報)の形式になります。

[Print operations] (印刷操作)

このチェックボックスをオンにすると、[Run] (実行)ビューに設定されたコンテキストパラメーターが表示されます。

[Disable errors] (エラーを無効にする)

このチェックボックスをオンにすると、エラーは表示されなくなります。

[Disable warnings] (警告を無効にする)

このチェックボックスをオンにすると、警告は表示されなくなります。

[Disable infos] (情報を無効にする)

このチェックボックスをオンにすると、情報は表示されなくなります。

Die on error (エラー発生時に強制終了)

このチェックボックスはデフォルトで選択されています。エラーの発生した行をスキップし、エラーが発生していない行の処理を完了するには、このチェックボックスをオフにします。

詳細設定

[tStat Catcher Statistics] (tStatキャッチャー統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルやコンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

NB_LINE: 処理された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

KEY_NOT_INCONTEXT: 変数がロードされましたが、コンテキストに表示されません。これはAfter変数で、文字列を返します。

KEY_NOT_LOADED: 変数がロードされませんでしたが、コンテキストに表示されています。これはAfter変数で、文字列を返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントは使用するコンテキスト値をロードするデータフローに依存しており、前の入力コンポーネントを必要としているため、開始コンポーネントにすることはできません。

[Dynamic settings] (ダイナミック設定)

[+]ボタンをクリックしてテーブルに行を追加し、[Code] (コード)フィールドにコンテキスト変数を入力して、実行時に[Print operations] (印刷操作)オプションを動的に選択または選択解除にします。

動的パラメーターが定義されている場合、[Basic settings] (基本設定)ビューの対応する[Print operations] (印刷操作)オプションは使用できなくなります。

動的パラメーターの使用サンプルは、コンテキストベースの動的接続によるデータベースからのデータの読み取りおよび動的に読み込まれた接続パラメーターを使用した異なるMySQLデータベースからのデータの読み取りを参照してください。[Dynamic settings] (動的設定)とコンテキスト変数については、『Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

[Limitation] (制限事項)

tContextLoadでは、デフォルトのコンテキストで定義されていない変数は作成されません。