出力ストリーム機能の使用 - 7.2

Data Integrationジョブの例

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン

次のユースケースでは、出力ストリーム機能を使って、多数のコンポーネントでの出力パフォーマンスを大幅に向上させる方法を示します。

このシナリオでは、顧客情報が保存された定義済みのcsvファイルをデータベーステーブルにロードします。次に、tMapを使ってロードしたデータを選択し、出力ストリーム機能を使ってそのデータをローカルファイルとコンソールに出力します。

[Use Output Stream] (出力ストリームの使用)機能の原則は、https://help.talend.comTalend Studioユーザーガイドで出力ストリームの使用機能を使用する方法を参照してください。

[Use Output Stream] (出力ストリームの使用)機能の原則は、Talend Studioユーザーガイドで出力ストリームの使用機能を使用する方法を参照してください。