データスチュワードとしてタスクを削除 - 7.2

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Data Stewardship
Content
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > セマンティックタイプの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
データスチュワードは、変更を行う前でも、ワークフローの最後の状態に移行した後でもキャンペーンで割り当てられたタスクを削除できます。

手順

  1. データスチュワードとしてログインします。
  2. [Tasks] (タスク)ページで、削除するタスクが含まれるキャンペーンの名前をクリックします。
  3. メニューバーでは、[State] (状態) > [New] (新規)および[Assignment] (割り当て) > [Assigned to me] (自分に割り当て)、または[State] (状態) > [Resolved] (解決済み)および[Assignment] (割り当て) > [Assigned to me] (自分に割り当て)というメニューの組み合わせを使用して、新しいまたは解決済みのタスクをそれぞれ開きます。
  4. 右パネルで[Task] (タスク)をクリックし、[Remove tasks](タスクを削除)を展開します。
  5. Selection (選択)リストから、すべてのタスクを削除するか、タスクリストで選択したタスクのみ削除します。
  6. [Submit] (送信)をクリックします。

タスクの結果

タスクがリストから削除されます。