出力コンポーネントの設定 - 7.3

Delimited

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き

手順

  1. tPivotToColumnsDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Pivot column] (ピボットカラム)フィールドで、入力スキーマからピボットカラムを選択します。多くの場合、これが重複の最も多いカラムです(ピボット集計値).
  3. [Aggregation column] (集計カラム)フィールドで、集計の必要な入力スキーマからカラムを選択します。
  4. [Aggregation function] (集計ファンクション)フィールドで、重複が見つかった場合に使用するファンクションを選択します。
  5. [Group by] (分類基準)テーブルで、集計カラムによる分類に使用する入力カラムを追加します。
  6. [File Name] (ファイル名)フィールドで、出力ファイルのパスまで移動します。[Row] (行)フィールドと[Field separator] (フィールド区切り)フィールドで、集計出力行とデータの区切りを設定します。