Talend CommandLineからユーザー定義のコンポーネントにアクセス - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

ユーザー定義のコンポーネント(たとえば、ローカルで開発したコンポーネントやTalend Exchangeからダウンロードしたコンポーネント)をインストールする必要がある場合は、Talend CommandLineにユーザーコンポーネントフォルダーを認識させる必要があります。

これらのコンポーネントへのパスを設定するには、以下のコマンドを使用します:

setUserComponentPath -up <ユーザーコンポーネントパス>

このパスを削除するには、以下のコマンドを入力します:

setUserComponentPath -c

注: Talend Administration Center[Configuration] (設定)ページからユーザーコンポーネントパスを直接設定することもできます。詳細は、Talend Administration Centerユーザーガイドをご覧ください。