クラスターモードにおけるTalend Data Stewardshipのアーキテクチャー - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
次の図は、クラスターモードで設定したTalend Data StewardshipTalend Dictionary Serviceのアーキテクチャーです。

このアーキテクチャーは複数のフィーチャーブロックで構成されています。

  • ロードバランサー。Talend Dictionary ServiceサーバーやTalend Data Stewardshipインスタンスに同時にアクセスしている複数のユーザーの間で負荷を分散します。
    注: Talend Data PreparationTalend Data StewardshipTalend Dictionary Serviceでは同じロードバランサーを使用できます。これは物理ロードバランサーか論理ロードバランサーのいずれかとなります。
  • Talend Data Stewardshipインスタンス。
  • Talend Data Stewardship内のデータに使用されているセマンティックタイプを追加、削除、編集する場合にオプションでインストールできるTalend Dictionary Serviceインスタンスです。
  • Talend Data StewardshipTalend Dictionary Serviceの動作に必要となるさまざまなコンポーネントが含まれているブロック。具体的には、ストレージに使用するMongoDBの複数のインスタンス、メッセージング用のKafkaとZooKeeper、認証を管理するTalend Administration Centerのインスタンスです。