Talend Data Stewardshipのログを設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

Talend Data Stewardshipのログを使用すると、Talend Data Stewardshipのアクティビティを分析し、デバッグできます。

Talend Data Stewardshipのログは<Data_Stewardship_Path>/apache-tomcat/logsにあります。catalina.outファイルは、使用可能なすべてのログファイルの集約バージョンです。

手順

  1. 以下のファイルを開きます:
    • コアバックエンドサービスログの<Data_Stewardship_Path>/apache-tomcat/conf/data-stewardship-core-logback.xml

    • 履歴サービスログの<Data_Stewardship_Path>/apache-tomcat/conf/data-stewardship-history-logback.xml

    • スキーマ管理サービスログの<Data_Stewardship_Path>/apache-tomcat/conf/data-stewardship-schema-logback.xml

  2. <root>エレメントの前に次の行を追加します:
    <logger name="org.talend" level="DEBUG"/>

タスクの結果

ログ情報レベルはDEBUGに設定されていますが、別の値に設定することが可能です。ログレベルの詳細は、http://logging.apache.org/log4j/1.2/apidocs/org/apache/log4j/Level.htmlをご覧ください。