デバッグ - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

SAP RFCサーバーは、IDocsを受信して、それらをJMSトピック内に配置します。1つのIDocタイプは1つのトピックにつながります。

組み込みJMSブローカーが使用される場合は、トピックは非表示です。どのデータが保存されるかチェックしたり、メッセージがSAPから受信されるか、ジョブによって使用されるかを確認したりするには、外部JMSブローカーを使うSAP RFCサーバーを設定する必要があります。

ヒント: トピックに対してブラウザベースのユーザーインターフェイスが利用あり能となるので、Apache ActiveMQはブローカーとして使用できます。

トピック名はTALEND.IDOCS.<IDoc Type>という形式になります。これらのトピックは消費するジョブによって設定されます。<IDoc Type>フィールドには、tSAPIDocReceiverコンポーネントで設定されたIDocタイプが表示されます。

SAPトレースファイルも書き込めます。このフィーチャーはデフォルトでオフになっていますが、設定ファイルを操作すればオンにできます。
#Enable/disable RFC trace (1=on or 0=off)
jco.server.trace=1