SSL証明書の生成 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Secure Sockets Layer (SSL)プロトコルを使用して安全に実行するためのTalend Data Stewardshipを設定するには、信頼できる署名付きの認証を生成することから開始する必要があります。

手順

  1. SSL証明書を生成します。
    Keystoreファイルの生成方法の詳細は、キーストアファイルを生成する方法をご覧ください。
  2. 管理者は、次のコマンドを使って証明書をJVMにインポートします。
    keytool -import -trustcacerts -file <certificate_path> -alias <certificate_name> -keystore "%JAVA_HOME%/jre/lib/security/cacerts"

タスクの結果

Talend Data Stewardshipは、キーと認証の保存に、Java Key Store(.jks)形式のみをサポートしています。