Talend Installerを使ってカスタムインストールを実行 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
カスタムインストールでは、Talend Installerのインストール方法をカスタマイズできます。インストールするコンポーネント、インストールする場所、インストール方法を選択します。カスタムインストールでは、Talend Administration Center を1台のマシンにTalend Studioを別のマシンにインストールできます。

始める前に

  • 必要なファイルをすべてダウンロードします。詳細は、Talend Installer固有の前提条件をご覧ください。
  • デフォルトポートがすべて開いていることを確認します。詳細は、プロキシとファイアウォールの許可リスト情報をご覧ください。
  • マシンにインストールされているMongoDBのインスタンスが1つだけであることをご確認ください。
  • distファイルがTalend Installerファイルと同じディレクトリーにあることを確認します。お持ちのライセンスに応じて、このファイルの名前はTalend-Tools-Installer-YYYYYYYY_YYYY-VA.B.C-linux64-installer.runTalend-Installer-YYYYYYYY_YYYY-VA.B.C-linux64-installer.runとなります。

手順

  1. インストーラーを実行します。
    • Talend Installerをデスクトップから実行する場合は、まずスーパーユーザーとしてログインし、Talend Installer実行ファイルを作成してダブルクリックします。
    • コマンドラインからTalend Installerを実行するには、Talend Installerファイルを実行可能ファイルにして実行します。その操作のためには以下のコマンドを実行します。
      chmod +x <Talend-Installer>.run
      ./<Talend-Installer>.run
      注: サービスとしてTalendサーバーモジュールをインストールするには、[Select Components] (コンポーネントを選択)設定ウィンドウで、Talend Server Servicesを選択します。
  2. 使用許諾契約書に同意します。
  3. Talend製品をインストールするディレクトリーを選択します。
  4. インストールスタイルリストで[Advanced Install] (詳細インストール)を選択し、インストールタイプリストで[Custom] (カスタム)を選択します。
  5. ライセンスファイルを追加します。
  6. インストールを開始します。
  7. インストールの完了後は、distファイルを削除してディスク容量を節約することもできます。
  8. 対象製品:

    Data Fabric

    MDM Platform

    Talend MDM ServerMDM Workflow Serverがサービスとしてインストール済みで起動されている場合は、 wrapper.java.additional.16 = -Dorg.bonitasoft.platform.setup.folder=<$BonitaInstallDir>/setupという行を、<$BonitaInstallDir>MDM Workflow Serverのインストールディレクトリーである <$BonitaInstallDir>/TalendServices/conf/wrapper.confというファイルに追加します。

タスクの結果

Talend Installerによりusedports.txtファイルが作成され、Talend サーバーモジュールで使用されるポートがすべてここに表示されます。

FilebeatがTalend LogServerと共に自動的にインストールされます。

ユーザー名がtds-userで、パスワードがduserのユーザーが、Talend Data Stewardship用にMongoDBで自動的に作成されます。

ユーザー名がdataprep-userで、パスワードがduserのユーザーが、Talend Data Preparation用にMongoDBで自動的に作成されます。

組み込みMongoDBインスタンスを使用する場合、Talend Installer は、MongoDBインストールフォルダーのルートにAdminUser.txt ファイルを生成します。管理者権限を持つユーザーの認証情報がクリアテキストでここに含まれています。このファイルへのアクセスを制限することをお勧めします。