データベースの選択と設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

手順

  1. [Select Database Type] (データベースタイプの選択)ウィンドウで、[Database Type] (データベースタイプ)ドロップダウンリストからデータベースのタイプを選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
    組み込みのH2データベース以外のデータベースを選択する場合は、Talend製品を使用する前に、データベースドライバーを<TomcatPath>/webapps/talendmdm/WEB-INF/libに手動でインストールする必要があります。
    注: ドライバーのバージョンが複数インストールされていると、エラーが発生する可能性があります。
  2. データベースを選択したら、[Configure connection to RDBMS] (RDBMSへの接続を設定する)ウィンドウで設定を行います。
    • H2データベースの場合:
      1. データベース生成ポリシーを選択します。コンテナーごとにデータベースを作成するか、すべてのコンテナーに対して単一のデータベースを使用するかを選択できます。
      2. データベースに接続するために使用するユーザー名を [User] (ユーザー) に入力し、[Password] (パスワード) も入力します。
    • MySQL、Microsoft SQL Server、またはPostgreSQLデータベースの場合:
      1. データベース生成ポリシーを選択します。コンテナーごとにデータベースを作成するか、すべてのコンテナーに対して単一のデータベースを使用するかを選択できます。
      2. データベースの接続に使用するHostPortUserおよびPasswordを入力します。
    • OracleまたはDB2データベースの場合:
      1. ダイアログボックスの上部の情報をご覧ください。
      2. データベースの接続に必要なパラメーターを入力します。
    詳細は、MDMサーバーでのOracleの使用をご覧ください。
  3. データベースの設定を終えたら、[Next] (次へ)をクリックします。