MySQLデータベースにデータを一括挿入する - 7.3

MySQL

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL

このシナリオでは、tMysqlOutputBulk標準プロパティtMysqlBulkExec標準プロパティで説明したのと同じオペレーションを実行し、ただし データの変換は行わない、コンポーネント2つのジョブについて説明します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

  • コンポーネントtRowGeneratortMysqlOutputBulkExec[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします。

  • [Row] (行) > [Main] (メイン)などのリンクを使用して、コンポーネントを接続します。

  • tRowGeneratorパラメーターを変換されたデータをMySQLデータベースに挿入するの場合と同じように設定します。スキーマは次の5つのカラムで構成されています: IDFirst NameLast NameAddress、およびCity

  • ワークスペースでtMysqlOutputBulkExecをダブルクリックして[Component] (コンポーネント)ビューを表示し、プロパティを設定します。

  • 必要に応じて、対応するフィールドでデータベース接続の詳細を定義します。[Metadata] (メタデータ)ノードの下の[Repository] (リポジトリー)における接続詳細の保全に関して、変換されたデータをMySQLデータベースに挿入するで詳しく説明している推奨事項を参照してください。コンポーネントビューの[Property Type] (プロパティタイプ)フィールドで[Repository] (リポジトリー)を選択し、隣接するフィールドで適切な接続を選択します。以下のフィールドが自動的に入力されます。

詳細は、Talend Studio ユーザーガイドを参照してください。

  • [Action on table] (テーブルへのアクション)フィールドで、[None] (なし)オプションを選択します。これは、既に存在するテーブルにデータを挿入しようとしているためです。

  • [Table] (テーブル)フィールドに、入力しようとしているテーブルの名前を入力します。テーブル名は、このサンプルではclientsです。

  • [Local filename] (ローカルファイル名)フィールドに、テーブルに追加するデータが保存されているファイルのアクセスパスと名前を示します。このサンプルでは、ファイルはclients.txtです。

  • [Advanced settings] (詳細設定)タブをクリックして、コンポーネントの詳細パラメーターを定義します。

  • [Action on data] (データへのアクション)リストから[Insert records in table] (テーブルにレコードを挿入)を選択し、新しいデータをテーブルに挿入します。

  • [F6]を押してジョブを実行します。

結果は変換されたデータをMySQLデータベースに挿入するの場合とほとんど同じですが、データが異なる場合があります。データはジョブが実行される度にランダムに再生成されるからです。