コンポーネントを設定 - 7.3

MySQL

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL

手順

  1. tFixedFlowInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Mode] (モード)エリアで[Use Inline Content (delimited file)] (インラインコンテンツの使用:区切りファイル)を選択します。
    転送するデータを[Content] (コンテンツ)フィールドに入力します。
    1;30
    2;20
  3. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをダブルクリックし、スキーマエディターを開きます。
    [+]ボタンをクリックして、Integerタイプの2つのカラム、idageを追加します。
    [OK]をクリックして、エディターを閉じます。
  4. tMysqlRowをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  5. [Host] (ホスト)[Port] (ポート)フィールドに、接続の詳細を入力します。
    [Database] (データベース)フィールドに、データベース名を入力します。
    [Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)フィールドに、認証の詳細を入力します。
    SQLクエリーを[Query] (クエリー)フィールドに入力し、idnameのデータをMysqlテーブルemployee: "select id, name from employee WHERE id=?"から取得します。
    疑問符"?"は、[Advanced settings] (詳細設定)タブで設定するパラメーターを表します。
  6. [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  7. [+]ボタンをクリックして、右側にあるIntegerおよびObjectタイプの2つのカラム、recordsetageを追加します。recordsetは、Mysqlテーブル(idフィールドとnameフィールド)のクエリー結果を保存することを目的としています。
    [OK]をクリックして、エディターを閉じます。
  8. [Advanced settings] (詳細設定)タブをクリックして詳細を設定します。
  9. [Propagate QUERY's recordset] (QUERYのレコードセットをプロパゲート)チェックボックスをオンにして、[use column] (カラムの使用)リストからrecordsetを選択し、そのカラムにクエリーの結果を挿入します。
    [Use PreparedStatement] (PreparedStatementの使用)チェックボックスをオンにして、[Set PreparedStatement Parameters] (PreparedStatementのパラメーター設定)テーブルでクエリーに使用するパラメーターを定義します。
  10. [+]ボタンをクリックして行を追加します。
    [Parameter Index] (パラメーターのインデックス)セルで、SQL命令にパラメーターの位置を入力します。このサンプルでは使用するパラメーターが1つだけなので、"1"と入力します。
    [Parameter Type] (パラメータータイプ)セルに、パラメーターのタイプを入力します。ここでは、パラメーターは整数です。したがって、リストから[Int] (整数)を選択します。
    [Parameter Value] (パラメーター値)セルにパラメーター値を入力します。ここでは、ソースフローからのid値をベースに、idnameemployeeテーブルから取得しようとしています。したがって、row3.idと入力します。
  11. tParseRecordSetをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Prev. Comp. Column list] (対象カラムリスト)から、解析対象とするrecordsetというカラムを選択します。
  12. [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
    [+]ボタンをクリックして、右側にあるIntegerStringIntegerタイプの3つのカラム、idnameageを追加します。idフィールドとnameフィールドは、recordsetの解析済みデータを保存することを目的としています。
    [OK]をクリックして、エディターを閉じます。
    [Attribute table] (属性テーブル)で、idnameに対応する[Value] (値)フィールドに、取得するMysqlテーブルのカラム名、"id"および"name"を入力します。
  13. tLogRowをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Mode] (モード)エリアで、[Table (print values in cells of a table] (テーブル: テーブルのセルに値を印刷)を選択すると表示が見やすくなります。