コンポーネントを設定 - 7.3

MySQL

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL

手順

  1. tFileInputDelimitedをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Schema] (スキーマ)リストで[Built-in] (組み込み)を選択し、コンポーネントのスキーマを変更できるようにします。次に、[Edit schema] (スキーマを編集)フィールドの横にある[...]をクリックし、州名を挿入するカラムを追加します。
  3. [+]ボタンをクリックして、スキーマにカラムを追加します。このカラムの名前をLabelStateRecordSetに変更し、[Type] (タイプ)リストから[Object] (オブジェクト)選択します。[OK]をクリックして変更を保存します。
  4. [Palette] (パレット)からコンポーネントtMysqlRowtParseRecordSet、およびtFileOutputDelimitedを選択し、ワークスペースにドロップします。
  5. tMysqlRowをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)ビューの[Basic settings] (基本設定)タブでプロパティを設定します。
  6. [Property Type] (プロパティタイプ)リストで[Repository] (リポジトリー)を選択し、[...]ボタンをクリックして、リポジトリーのメタデータからデータベース接続を選択します。[DB Version] (DBバージョン)[Host] (ホスト)[Port] (ポート)[Database] (データベース)[Username] (ユーザー名)、および[Password] (パスワード)が自動的に入力されます。[Built-in] (組み込み)モードを使用している場合は、これらのフィールドに手動で入力します。
  7. [Schema] (スキーマ)リストから[Built-in] (組み込み)を選択し、スキーマプロパティを手動で設定し、LabelStateRecordSetカラムを追加するか、または[Sync columns] (カラムの同期)ボタンを直接クリックして、前のコンポーネントからスキーマを取得します。
  8. 使用するSQLクエリーを[Query] (クエリー)フィールドに入力します。ここでは、MySQLテーブルus_state: "SELECT LabelState FROM us_state WHERE idState=?"LabelStateカラムから、アメリカの州の名前を取得しようとしています。疑問符"?"は、[Advanced settings] (詳細設定)タブで設定するパラメーターを表します。
  9. [Advanced settings] (詳細設定)をクリックし、コンポーネントの詳細プロパティを設定します。
  10. [Propagate QUERY's recordset] (QUERYのレコードセットをプロパゲート)チェックボックスをオンにして、[use column] (カラムの使用)リストからLabelStateRecordSetカラムを選択し、そのカラムにクエリーの結果を挿入します。
  11. [Use PreparedStatement] (PreparedStatementの使用)チェックボックスをオンにして、[Set PreparedStatement Parameters] (PreparedStatementのパラメーター設定)テーブルでクエリーに使用するパラメーターを定義します。
  12. [+]ボタンをクリックしてパラメーターを追加します。
    1. [Parameter Index] (パラメーターのインデックス)セルで、SQL命令にパラメーターの位置を入力します。このサンプルでは使用するパラメーターが1つだけなので、"1"と入力します。
    2. [Parameter Type] (パラメータータイプ)セルに、パラメーターのタイプを入力します。ここでは、パラメーターは整数です。したがって、リストから[Int] (整数)を選択します。
    3. [Parameter Value] (パラメーター値)セルにパラメーター値を入力します。ここでは、入力ファイル内のクライアントすべてに、州IDに基づいて州名を取得しようとしています。したがって、" row1.idState"と入力します。
  13. tParseRecordSetをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)ビューの[Basic settings] (基本設定)タブでプロパティを設定します。
    1. [Prev. Comp. Column list] (対象カラムリスト)から、分析対象とする前のコンポーネントカラムを選択します。このサンプルでは、LabelStateRecordSetを選択します。
    2. [Sync columns] (カラムの同期)ボタンをクリックし、前のコンポーネントからスキーマを取得します。[Attribute table] (属性テーブル)にスキーマカラムが自動的に入力されます。
    3. [Attribute table] (属性テーブル)で、LabelStateRecordSetに対応する[Value] (値)フィールドに、取得する(各クライアントと一致する)州名を含むカラムの名前を二重引用符内に入力します。このサンプルでは、"LabelState"と入力します。
  14. tFileOutputDelimitedをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)ビューの[Basic settings] (基本設定)タブでプロパティを設定します。
    1. アクセスパスと出力ファイルの名前を[File Name] (ファイル名)フィールドに入力します。
    2. [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、前のコンポーネントからスキーマを取得します。