データベーステーブルの反復処理とそのカラム名のリスト表示 - 7.3

MySQL

Version
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL

以下のJavaシナリオでは、WHERE句を使用して 、MySQLデータベースからの特定のテーブル名で反復処理される5コンポーネントのジョブを作成して、テーブル内に存在するカラム名をすべてリスト表示します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントをご覧ください。

  • [Palette] (パレット)から、tMysqlConnectiontMysqlTableListtMysqlColumnListtFixedFlowInputtLogRowという各コンポーネントをデザインワークスペースにドロップします。

  • [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)リンクを使って、tDBConnection_1tDBTableList_1に接続させます。

  • [Iterate] (反復処理)リンクを使って、tDBTableList_1tDBColumnList_1tFixedFlowInput_1を接続させます。

  • [Row Main] (行メイン)リンクを使ってtFixedFlowInput_1tLogRow_1に接続させます。

  • デザインワークスペースでtDBConnection_1を選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックして基本設定を定義します。

  • [Basic settings] (基本設定)ビューで、データベース接続の詳細を手動で設定します。メタデータデータベース接続エントリーとしてローカルに保存した場合は、コンテキスト変数リストから選択し、Ctrl + スペースを使って対応するフィールドをクリックします。

メタデータの詳細は、Talend Studioユーザーガイドをご覧ください。

この例では、customersというMysqlデータベースに接続します。

  • デザインワークスペースでtDBTableList_1を選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックして基本設定を定義します。

  • 複数の接続が使われている場合は、[Component list] (コンポーネントリスト)ドロップダウンリストで該当するMySQL接続コンポーネントを選択します。

  • 対応するフィールドの適切な構文を使用してWhere句を入力し、コンソールに表示するテーブル名を反復処理します。

    このシナリオでは、反復処理を行うテーブルにはcustomerという名前が付けられています。

  • デザインワークスペースでtDBColumnList_1を選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックして基本設定を定義します。

  • 複数の接続が使われている場合は、[Component list] (コンポーネントリスト)ドロップダウンリストで該当するMySQL接続コンポーネントを選択します。

  • [Table name] (テーブル名)フィールドに、カラム名を表示するデータベーステーブルの名前を入力します。

    このシナリオでは、[customer]というデータベーステーブルに存在するカラムをリスト表示します。

  • デザインワークスペースでtFixedFlowInputを選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックして基本設定を定義します。

  • [Built-In] (組み込み)[Schema] (スキーマ)を設定し、[Edit Schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックして、入力に使用するデータを定義します。このシナリオでは、スキーマは2つのカラムで設定され、最初はテーブル名、2番目はカラム名になります。

  • [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じ、メッセージで指示されたら変更をプロパゲートすることを許可します。[Basic settings] (基本設定)ビューの[Values] (値)パネルに、定義済みのカラムが表示されます。

  • [Use Single Table] (単一テーブルを使用)を選択し、[Values] (値)テーブルのValuesカラムにカーソルを置き、Ctrl + スペースを押してグローバル変数リストにアクセスします。

  • グローバル変数リストで、TableName行にtDBTableList_1_CURRENT_TABLEを、ColumnName行にtDBColumnList_1_COLUMN_NAMEをそれぞれ選択します。

  • デザインワークスペースで、tLogRowを選択します。

  • [Component] (コンポーネント)タブをクリックし、必要に応じてtLogRowの基本設定を定義します。

  • ジョブを保存し、F6を押して実行します。

データベーステーブルの名前がすべてのカラム名と共にコンソールに表示されます。