データ入力を設定する - 7.3

Positional

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 固定長
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 固定長
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 固定長

手順

  1. tFileInputPositionalコンポーネントをダブルクリックして、その[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、そのプロパティを定義します。
  2. 必要に応じて、ジョブプロパティタイプを定義します。このシナリオでは、組み込みのプロパティタイプを使います。
    リポジトリーとは異なり、これはプロパティタイプがこのステーションにのみ設定されることを意味します。
  3. [File Name] (ファイル名)フィールドに入力ファイルのパスを入力します。このフィールドは必須です。
  4. 必要に応じて、行の終わりを識別する[Row separator] (行区切り記号)を定義します。デフォルトでは、キャリッジリターンです。
  5. 必要に応じて、[Use byte length as the cardinality] (カーディナリティとしてバイト長を使用する)チェックボックスをオンにして、2バイト文字のサポートを有効にします。
  6. 行のフィールドを区切る[Pattern] (パターン) を定義します。パターンは、入力ファイルの値に対応する一連の長さの値です。値は引用符の間に入力し、カンマで区切る必要があります。入力する値が、定義されているスキーマと一致していることをご確認ください。
  7. [Header] (ヘッダー)[Footer] (フッター)[Limit] (制限)フィールドに、入力ファイル構造に従ってそれぞれ必要な内容を入力します。このシナリオでは、入力ファイルを読み取る時に最初の行をスキップするだけで済みます。これを行うには、 [Header] (ヘッダー) フィールドに 1 を入力し、他のフィールドはそのままにしておきます。
  8. 入力スキーマがリポジトリに保存されている場合は、[Schema] (スキーマ)の横にあるRepository (リポジトリ)を選択します。このユースケースでは、[Built-In] (組み込み)の入力スキーマを使って、tFileOutputXMLコンポーネントに渡すデータを定義します。
  9. [Edit Schema] (スキーマを編集)機能を使用してスキーマをロードおよび/または編集できます。このスキーマでは、入力ファイルの構造に一致する3つのカラム、それぞれContractCustomerRef、およびInsuranceNrを定義します。[OK]をクリックして、[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを閉じて、変更をプロパゲートします。