ジョブを保存して実行 - 7.3

Positional

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 固定長
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 固定長
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 固定長

手順

  1. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存し、設定されたすべてのパラメーターが有効になるようにします。
  2. [F6]キーを押すか、[Run] (実行)タブの[Run] (実行)をクリックしてジョブを実行します。
    ファイルは[Pattern] (パターン)フィールドで定義された長さの値に基づいて行単位で読み取られ、出力設定で定義したXMLファイルとして出力されます。任意の標準XMLエディターを使って開くことができます。