Javaタイプの変換 - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

このJavaシナリオでは4つのコンポーネントが含まれるジョブについて説明しています。tConvertTypeコンポーネントを使用して3つのカラムのJavaタイプを変換し、tMapでスキーマを調整し、最初の3つのカラムを出力し、、変換後の2つのカラムを合計しています。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

注:

このシナリオでは、入力区切りファイルの入力スキーマはリポジトリーに保管されています。[Repository] (リポジトリー) - [Metadata] (メタデータ) - [File delimited] (ファイル区切り)から関連ファイルをデザインワークスペースにドラッグアンドドロップすると、tFileInputDelimitedコンポーネントの設定を自動的に取得できます。詳細は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。