コンポーネントをドロップしてリンク - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

手順

  1. tFixedFlowInputFilterRowtLogRow[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします。
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)リンクを使って、tFixedFlowInputtFilterRowに接続します。次に、[Row] (行) > [Filter] (フィルター)リンクを使って、tFilterRowtLogRowに接続します。
  3. tLogRow[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップし、名前をrejectに変更します。次に、[Row] (行) > [Reject] (リジェクト)リンクを使って、tFilterRowrejectに接続します。
  4. ジョブでのコンポーネントのロールがわかりやすいようにラベルを付けます。