ジョブを作成して実行する - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

コンポーネントをデザインワークスペースに追加し、ジョブを実行する前にこれらを設定します。

手順

  1. 以前に作成したSAP HANAデータベース接続をデザインワークスペースにドラッグ&ドロップします。
  2. tSAPHanaUnloadコンポーネントを追加します。
  3. Trigger > OnSubjobOkを使ってコンポーネントを接続します。
    次の画像はサンプルジョブを示しています。
  4. tSAPHanaUnloadを選択して[Basic settings] (基本設定)タブを表示します。
    1. [Use an existing connection] (既存の接続を使用) チェックボックスをオンにします。
    2. ドロップダウンリストからtDBConnection_1-SAPHANAオプションを選択します。
    3. エクスポートするSAP HANAデータベーステーブルの名前を[Table] (テーブル)フィールドに入力します。
    4. エクスポートしたデータを保管するターゲットの場所を[Export location on the SAP HANA host] (SAP HANAホスト上のエクスポートロケーション)フィールドに追加します。これは、SAP HANAデータベースローカルマシンのディレクトリーを指します。
  5. ジョブを実行します。

タスクの結果

指定したSAP HANAデータベーステーブルのすべてのデータがエクスポートされ、SAP HANAデータベースマシンのunloadディレクトリーにローカルに保存されます。エクスポートされたデータは、ターゲットの場所のサブディレクトリーにあります。

tSAPHanaUnloadは、SAP HANAテーブルのメタデータ、抽出されたデータに関する情報、SAP HANAシステムに関する情報、SAP HANAへのファイルインポートのコマンドなど、いくつかのファイルをエクスポートして、サブディレクトリー内に作成します。必要なデータが含まれているdata.csvを必ずご確認ください。

さらに、エクスポートされたデータを使い、選択したサードパーティのストレージシステムに送信できます。