SAPとTalendの統合 - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

Talendは、SAPシステムと対話するさまざまな方法を支援するコンポーネントを提供します。さまざまなコンポーネントを使用して、冗長なデータ入力を必要とせずに、SAPシステムから別のシステムへのシームレスな情報フローを確保できます。

ほとんどの企業はSAPを使用して、経理、販売、人事、支払いプロセスなどのビジネスプロセスを実行しています。SAPシステムは便利で強力ですが、そのサイズと複雑さは、他のサードパーティシステムとの統合を計画している企業に困難をもたらす可能性があります。SAPシステムの動作の詳細については、SAPアーキテクチャーをご覧ください。

Talendと統合することの利点

Talendは、SAPシステムと他のビジネスクリティカルなアプリケーション間のデータの統合を支援し、SAPインターフェイスと対話して、複雑なデータ関連タスクを容易にします。Talendコンポーネントを使用すると、SAPが提供するリモートファンクションコール(RFC)プロトコルに接続して、SAPシステムとサードパーティシステム間の通信を確立できます。

Talendを使用すると、次のことができます:
  • サードパーティアプリケーションで再利用するために部分的なデータセットを取得するなど、SAP環境、テーブル、BAPI、またはIDocからデータを読み込む。
  • サポートされているSAPまたは非SAPシステムとの間でデータを変換する。これには、重複除去、異種SAPデータ環境またはSAPシステムに統合されるデータに対する集計などのデータクオリティ操作の実行が含まれます。
  • データベース、バイナリファイル、フラットファイルなど、あらゆる形式のデータを統合する。

前提条件:

TalendでSAPコンポーネントを使用する前に、SAP Java Connector (JCO)がインストールされていることをご確認ください。

TalendとSAP接続

TalendからSAPシステムに接続するには、SAPメタデータの一元管理を参照してください。

SAP権限については 、TalendのSAP ERP権限を参照してください。

エンタープライズリソースプランニング(ERP)やビジネスウェアハウス(BW)などのSAPシステムの最小要件については、サポートされているシステム、データベース、およびビジネスアプリケーションを参照してください。