tHMapによる処理のためにIDocを消費する - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

このシナリオは、サブスクリプションベースのTalend製品にのみ適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

次のシナリオでは、tHMapによる処理でIDocを消費するために、Talend SAP RFC Serverに接続する3コンポーネントジョブを作成します。

tHMapコンポーネントは、Talend Platform製品のいずれかにサブスクライブしている場合にのみ、 Talend Studio のパレットで使用できます。

また、[Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用して、tSAPIDocReceiverコンポーネントをtHMapコンポーネントに直接リンクすることも可能です。ただし、ジョブがジョブサーバーにデプロイされている場合にはこれは機能しません。この場合は、まずtSAPIDocReceiverコンポーネントをtFlowToIterateコンポーネントに[Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用してリンクし、次に、tFlowToIterateコンポーネントをtFixedFlowInputコンポーネントに[Row] (行) > [Iterate] (反復処理)接続を使用してリンクし、最後にtFixedFlowInputコンポーネントをtHMapコンポーネントに[Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用してリンクします。このジョブは次のようになります。

前提条件:
  • SAPサーバーは、Talend SAP RFC Serverと連携できるように設定する必要があります。

    Talend SAP RFC Serverと共に動作するSAPの設定方法については、Talend Help Centerを参照してください。

  • SAPサーバーからIDocを受信するには、Talend SAP RFC Serverのインストール、設定、および実行が必要です。詳細については、Talendインストール&アップグレードガイドTalend SAP RFC Serverのインストールと設定のセクションを参照してください。