コンテキスト変数をテーブル名および接続名として使用して、Snowflakeデータを集計する - 7.3

Snowflake

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake

このシナリオでは、ELTコンポーネントを使用して、2つのソーステーブルSTUDENTTEACHERからSnowflakeデータを1つのターゲットテーブルFULLINFOに集計する例を示します。この例では、すべての入力および出力テーブル名と接続名をコンテキスト変数に設定します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。