COPYコマンドを使ってデータをロードする - 7.3

Snowflake

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
COPYコマンドを使ってデータをロードするようにtSnowflakeOutputBulkExecコンポーネントの[Advanced settings] (詳細設定)を設定してから、コンソールにデータを表示するように最初のtLogRowコンポーネントを設定します。

手順

  1. [Advanced settings] (詳細設定)をクリックして、詳細設定ビューを開きます。
  2. [Convert columns and table to uppercase] (カラムとテーブルを大文字に変換する)チェックボックスと[Delete Storage Files On Success] (成功時にストレージファイルを削除する)チェックボックスをオンにして、カラムを大文字に変換し、ジョブが正しく実行されたらストレージ内のすべてのファイルを削除します。
  3. [Use Custom Stage Path] (カスタムステージパスの使用)チェックボックスをオフにします。オフにしないと、[Basic settings] (基本設定)で指定した[Stage Folder] (ステージフォルダー)は無効になります。
  4. [Copy Command Options] (コマンドオプションのコピー)ドロップダウンリストから[Manual] (手動)を選択し、二重引用符の間にON_ERROR='continue' FILE_FORMAT=(type=csv field_delimiter=',' compression=gzip field_optionally_enclosed_by='\"')と入力します。
  5. [Put Command Options] (Putコマンドオプション)ドロップダウンリストから[Default] (デフォルト)を選択します。
  6. [Put Command Error Retry] (Putコマンドエラー再試行)3に設定します。
  7. [Stop on non-empty Storage Folder] (空でないストレージフォルダーで停止)チェックボックスをオフにします。
  8. 最初のtLogRowコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  9. [Mode] (モード)エリアでTableを選択して、データを表示します。