Snowflakeでデータを読み書きするジョブを実行する - 7.3

Snowflake

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
ジョブをセットアップし、Snowflakeデータを読み書きするためにジョブで使われるコンポーネントを設定した後、ジョブを実行してジョブの実行結果を確認します。

手順

  1. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。
  2. [F6]を押してジョブを実行します。

    以下に示すように、データはSnowflakeのテーブルEMPLOYEEに書き込まれ、このテーブルから読み取られて、Studioの[Run] (実行)ビューのコンソールに出力されます。