ジョブ、ルート、サービスのデプロイをカスタマイズ - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20

このタスクについて

[Job] (ジョブ)ビューや[Services]ビューによって、デプロイ情報(グループIDやジョブ、ルート、サービスのデプロイバージョンなど)をアーティファクトリポジトリーに公開する前にカスタマイズできます。

手順

  1. デプロイ情報をカスタマイズするジョブ、ルート、サービスを開きます。
  2. [Job] (ジョブ)[Services] (サービス)タブをクリックし、縦に並んだ[Deployment] (デプロイメント)タブを選択します。
  3. 必要に応じて、ジョブ、ルート、サービスのデプロイ情報をカスタマイズします。
    • ジョブ、ルート、サービスのグループIDをカスタマイズする場合は、[Use Custom GroupId] (カスタムGroupIdを使用)チェックボックスをオンにし、ジョブ、ルート、サービスを公開するグループの名前を入力します。

      公開された時に、ジョブ、ルート、サービスがルートノードである場合は、そのデフォルトグループIDはアーティファクトリポジトリーの環境設定で定義したものになります。ジョブ、ルート、サービスがルートノードでない場合は、フォルダーストラクチャーがデフォルトグループIDとして使用されます。

    • ジョブ、ルート、サービスのデプロイバージョンをカスタマイズする場合は、[Use Custom Version] (カスタムバージョンを使用)チェックボックスをオンにして新しいバージョンを入力します。

      デフォルトでは、デプロイバージョンはジョブ、ルート、サービスのバージョン、またはプロジェクト設定でジョブまたはルートに設定したデプロイバージョンです。

    • ジョブ、ルート、サービスのスナップショットバージョンを公開する場合は、[Publish as Snapshot] (スナップショットとして公開)チェックボックスをオンにします。リリースバージョンを公開する場合は、このチェックボックスをオフにします。