分析を定義してカラム内の異常を検出 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

始める前に

Talend StudioProfilingパースペクティブでデータベース接続が少なくとも1つ設定されていること。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Data Profiling] (データプロファイリング)を展開します。
  2. フィルターフィールドで、functional dependency analysisの最初の数文字を入力して、リストから[Functional Dependency Analysis] (機能的な依存項目の分析)を選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
  3. 名前を入力します。
  4. オプション: カラム分析のメタデータ(目的説明作成者)を入力します。
  5. [Next] (次へ)をクリックします。