Talend Big Dataのファンクションアーキテクチャー - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20
対象製品...

Big Data

Big Data Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Real-Time Big Data Platform

Talend Big Dataソリューションのファンクションアーキテクチャーとは、Talendビッグデータソリューションのファンクション、インタラクション、対応するITのニーズを特定するアーキテクチャーモデルを指します。

アーキテクチャー全体はこれまで、特定の機能を機能ブロックに分離することで説明されてきました。

Talend Studioでのビッグデータ処理に関連するアーキテクチャー上の主な機能ブロックは次のとおりです。

3つの異なるタイプの機能ブロックが定義されています。
  • 少なくとも1つのStudio: Apache Hadoopプラットフォームを活用して、大量のデータセットを処理するビッグデータジョブをデザインします。これらのジョブはローカルで実行することもできますが、Hadoopグリッド上にデプロイ、スケジューリング、実行することもできます。

  • サブスクリプションベースのワークフローのスケジューラーシステムを通じて、Hadoopグリッド上にビッグデータジョブをデプロイ、スケジューリング、実行し、ジョブの実行ステータスや結果を監視できます。

  • Talendシステムから独立したHadoopグリッドでは、大量のデータセットを処理します。