Hcatalogテーブルスキーマを取得 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Big Data

Big Data Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Real-Time Big Data Platform

手順

  1. [Retrieve schema] (スキーマを取得)をクリックするとウィザードが表示されます。ここで、HCatalogのさまざまなテーブルを表示したり、フィルターをかけることができます。
  2. テーブルを検索するには、[Name filter] (名前フィルター)フィールドにテーブルの名前を入力します。
    また、スキーマを取得するテーブルを直接見つけて選択することもできます。
    選択したテーブルからスキーマを取得するごとに、そのテーブルの[Creation status] (作成ステータス)[Success] (成功)に変わります。
  3. [Next] (次へ)をクリックしてウィザードで新しいビューを開きます。このビューには、選択したテーブルスキーマがリストされます。[Schema] (スキーマ)エリアでスキーマを選択すると、その詳細が表示されます。
  4. 必要に応じて、選択したスキーマを変更します。[Schema] (スキーマ)エリアでは、必要に応じてスキーマの名前を変更したり、スキーマのストラクチャーをカスタマイズできます。
    ツールバーを使って、スキーマにカラムを追加したり、削除や移動を行うこともできます。
    デフォルトのスキーマを使って、選択したスキーマへの変更を上書きする場合は、[Retrieve schema] (スキーマを取得)をクリックします。上書きすると、カスタマイズした編集はすべて失われます。
  5. HCatalogテーブルスキーマの作成を完了するには、[Finish] (終了)をクリックします。取得したスキーマはすべて[Repository] (リポジトリー)ビューの関連するHCatalog接続ノードの下に表示されます。
    その後もスキーマを編集する必要がある場合は、[Repository] (リポジトリー)ビューで関連するHCatalog接続ノードの下からスキーマを右クリックし、コンテキストメニューから[Edit Schema] (スキーマを編集)を選択してもう一度このウィザードを開いて変更を行います。
    注:

    スキーマを変更した場合は、Typeカラムのデータ型が正しく定義されていることをご確認ください。