手順 - 7.3

tFileProperties

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tFileProperties
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tFileProperties
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tFileProperties

手順

  1. tFilePropertiesコンポーネントおよびtLogRowコンポーネントを[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします。
  2. tFilePropertiesを右クリックし、[Main Row] (メイン行)リンクを使用してtLogRowに接続します。
  3. デザインワークスペースで、tFilePropertiesを選択します。
  4. [Component] (コンポーネント)タブをクリックして、tFilePropertiesの基本設定を定義します。
  5. [Schema] (スキーマ)型を[Built-in] (組み込み)に設定します。
  6. 必要に応じて、[Edit schema] (スキーマを編集)ボタンをクリックして、読み取り専用のカラムを表示します。
  7. [File] (ファイル名)フィールドにファイルパスを入力するか、プロパティを表示するファイルを参照します。
  8. デザインワークスペースで、tLogRowを選択して、[Component] (コンポーネント)タブをクリックし、基本設定を定義します。詳細は、tLogRowを参照してください。
  9. [F6]を押してジョブを実行します。

タスクの結果

定義されたファイルのプロパティがコンソールに表示されます。