tCassandraOutputBulk - Cloud - 8.0

Cassandra

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Cassandra
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Cassandra
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Cassandra

大きなサイズのSSTableのプレパレーションを行い、このSSTableをCassandraキースペースのカラムファミリーにロードする前に、必要に合わせて処理します。

コンポーネントtCassandraOutputBulktCassandraBulkExecは一般に、2ステッププロセスの一部として一緒に使います。最初のステップでは、SSTableが生成されます。2番目のステップでは、このSSTableがCassandraに書き込まれます。これら2つのステップは、tCassandraOutputBulkExecコンポーネント内で融合しています。このコンポーネントについては別のセクションで詳しく説明しています。2つの別々のコンポーネントを使う利点は、Cassandraにロードする前にデータを変換できることです。

tCassandraOutputBulkは、前のコンポーネントからデータを受信し、ローカルでSSTableを作成します。

デフォルトで、このコンポーネントはTalend Studioと共には出荷されていません。機能マネージャーを使ってインストールする必要があります。 詳細は、機能マネージャーを使って機能をインストールをご覧ください。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントをご覧ください。