ステップ3: 変更データを抽出 - Cloud - 8.0

Change Data Capture

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更

このタスクについて

CDC環境を設定した後に、Oracle CDCコンポーネントを使ってジョブをデザインし、LEADFACTテーブルから変更データを増分抽出できるようになります。これを設定するには、以下のようにします:

手順

  1. コンポーネントOracleCDCおよびtLogRow[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします。
  2. [Row Main] (行メイン)リンクを使用して2つのコンポーネントをリンクします。
  3. tOracleCDCをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、プロパティを定義します。
  4. [Property Type] (プロパティタイプ)[Repository] (リポジトリー)に設定し、 Oracle DBテーブルに対応するスキーマ(このシナリオではcdc_publisher)を選択します。接続の詳細は、対応するフィールドに自動的に表示されます。
    注:

    データウェアハウスの接続の詳細を[Repository] (リポジトリー)[Metadata] (メタデータ)フォルダーに保管していない場合は 、プロパティタイプリストで[Built-in] (組み込み)を選択し、接続の詳細を手動で設定します。

  5. [Schema using CDC] (CDCを使用するスキーマ)フィールドで[Repository] (リポジトリー)を選択し、[Metadata] (メタデータ)フォルダーに保存されているLEADFACTテーブルのスキーマを選択します。
  6. [Table using CDC] (CDCを使用するテーブル)フィールドに、CDCで取り込まれたテーブルの名前、このシナリオの場合はLeadfactを入力します。
  7. [Events to catch] (取得するイベント)フィールドで、サブスクライバーにより抽出される変更データのタイプに対応するチェックボックスをオンにします。このシナリオでは、3つのサブスクライバーについて3つのチェックボックスをオンにします。
  8. tLogRowをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、プロパティを定義します。
  9. [Sync columns] (カラムを同期)をクリックして、先行のコンポーネントからスキーマを取得します。
  10. [Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして、スキーマダイアログボックスを開きます。
  11. [Date Pattern] (日付パターン)カラムのTALEND_CDC_CREATION_DATE行で、必要な日付形式をブラケットの間に入力します: "yyyy-MM-dd".
  12. ジョブを保存し、[F6]を押して実行します。

タスクの結果

[Redo log] (再実行ログ)モードでは、データに対して行われた変更は次のように示されます: 変更は最初の"更新して削除する"操作(UO)に等しく、次に"更新して挿入"操作(UN)に等しくなっています。したがって、クライアントデータは2度表示されます。

-最初は、データが削除された時(UO)

-2回目は、データが挿入された時(UN)

いったん変更が抽出されると、変更テーブルでは利用できなくなります。抽出を検証するには、CDCで取得したLEADFACTテーブルを右クリックし、[Views All Changes] (すべての変更を表示)を選択します。抽出された変更は表示されなくなります。

[Trigger] (トリガー)モードを使用する別のCDCシナリオは、CDCを使用した変更データの取得を参照してください。