外部データベースと共にインストールされたTalend Data Catalog 7.3を8.0に移行 - 8.0

Talend Data Catalogインストール&アップグレードガイド

Version
8.0
Language
日本語
Operating system
Linux
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Data Catalog
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2024-01-26

これらのステップは、リモート収集サーバーとして設定されている他のアプリケーションサーバーでも実行できます。

始める前に

  • 最新のTalend Data Catalog 7.3累積パッチを適用済みであること。
  • Talend Data Catalog 8.0をダウンロード済みであること。
  • 必要に応じて、最新のTalend Data Catalog 8.0累積パッチがダウンロード済みであること。

手順

  1. 起動と同じ方法(Linuxデーモンの停止やtomcat/bin/shutdownの使用)で、Talend Data Catalogアプリケーションサーバーを停止します。
  2. データベースとデータファイルディレクトリーを含め、自分のデータをバックアップします。
  3. <TDC_HOME>ディレクトリーの名前を<TDC_HOME>.oldに変更して、Talend Data Catalogソフトウェアをバックアップします。
  4. 新しい<TDC_HOME>インストールディレクトリーを作成します。
  5. Talend Data Catalog 8.0を新しいディレクトリーにインストールすれば、新しいバージョンのクリーンインストールが可能です。
    詳細は、Talend Data Catalogをインストールをご覧ください。
  6. 必要に応じて、最新のTalend Data Catalog 8.0累積パッチを適用します。
    パッチファイルを解凍する際、unzip -uコマンドを使って権限を維持したままファイルをアップデートするようにします。
  7. データベースを再起動します。
  8. Talend Data Catalogバージョン7.3で使われていたデータとソフトウェアのカスタマイズを復元するには、該当するファイルとディレクトリーを<TDC_HOME>.oldから<TDC_HOME>にコピーします。
    詳細は、データの保存場所をご覧ください。
  9. ファイルの新しいバージョンを<TDC_HOME>\conf\Templateから<TDC_HOME>\conf\内の一致するディレクトリーにコピーして、新しい(アップデート後の)ソフトウェア機能を設定に組み込みます。
    たとえば、ModelBridgeList.xmlには新しい(アップデート後の)ブリッジを含めることができます。

    詳細は、Talend Data Catalogのアップグレード後をご覧ください。

    conf\resources\MM.propertiesなどのファイルをカスタマイズした場合は、<TDC_HOME>\conf\Templateからコピーしたそのファイルの新しいバージョン以降、これらのカスタマイズをマージする必要があります。
  10. Talend Data Catalogアプリケーションサーバーを再起動し、管理者として初めてログインすると、データベースのアップグレードを要求されることがあります。

タスクの結果

これで、Talend Data Catalogを開始する準備ができました。