tFileOutputXMLプロパティの定義 - Cloud - 8.0

Data mapping

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > データマッピング

手順

  1. tFileOutputXMLコンポーネントを選択してそのプロパティを定義します。
  2. [Basic settings] (基本設定)タブの[File name] (ファイル名フィールドの横にある[...]ボタンをクリックして、出力ファイルを格納するファイルシステムの場所を参照するか、二重引用符で囲んだパスを手動で入力します。
  3. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、スキーマを定義します。
  4. 左側のスキーマに3つのカラムを追加してiddatenameという名前に変更し、これらを右側の出力スキーマにコピーして[OK]をクリックします。
  5. その他のエレメントはそのままにしておきます。