口座番号を生成して元の国を保持 - Cloud - 8.0

Data privacy

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > データプライバシーコンポーネント
この関数は、元の国の銀行口座番号を生成します。 出力はさまざまな条件に依存するため、有効な銀行口座番号ではない場合があります。
IBAN番号はいくつかのエレメントで構成されています。データマスキングファンクションに使用される用語は次のとおりです。
  • 黒: 国コード
  • コーラル: チェックディジット
  • ライトブルー: 銀行/支店コード
  • 濃い青: 口座番号
  • グレー: 国のチェックディジット。IBAN番号における位置は国によって異なります。

    一部の国では、国のチェックディジットを使用していません。

入力口座番号

元の国を判別するために、関数は最初の2文字を分析します。たとえば、最初の2文字がSEの場合、出力はスウェーデンの銀行口座番号になります。

この関数は最初の2文字のみを分析するため、入力として銀行口座番号を指定する必要はありません。最初の をご覧ください。

関数の論理

If the input is...

Then...
有効なIBAN番号 関数により入力値と同じ国からIBAN番号が生成されます。
有効な米国の口座番号 関数により最初の9桁が保持され、残りの桁がランダムにマスクされます。
有効でない口座番号 関数によりフランスのIBAN番号が生成されます。

入力口座番号

生成された口座番号の形式とチェックディジットは対応する国に一致しています。

一部の国の場合、ナショナルチェックディジットも国に一致します。どの国のチェックディジットが処理されるかを確認するには、この リストをご覧ください。

他国の国チェックディジットは処理されません。

銀行/支店コードはランダムに生成されるため、有効でない場合があります。

次に2つの例を示します:

次に2つの例を示します:

入力値 マスクされた値の例
BE BE78496464962486
091000019 6564833713 091000019 3602742991

最初の例では、2つの文字がベルギーの国コードに対応しており、マスクされた値は有効なベルギーのIBAN番号です。

2番目の例では入力値が有効な米国の口座番号であり、マスクされる値は有効な米国の口座番号です。